スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday

サポーターからのメッセージ

グリグリサポーターからメッセージをいただきました!
                    
(新着順)

----------------------------------------------------


思えば4年前、中越沖地震で刈羽原発が直下型地震に見舞われ、
固唾を呑んで事態を見守る中、重大な事故は回避されました。

しかし、傷ついた設備が今も稼働しています。

原発は、危険と紙一重だと実感しました。

ところが、あれから4年しか経たない今年3月の大震災で、
福島第一原発事故、起きてはならないことが起きてしまいました。

あの日から毎日、食事するたび、子どもと触れ合うたび、
福島県や周辺の方々のご窮状が思われて胸が締め付けられます。

あの時に、脱原発の声を上げていれば・・・。
何かが変わっていたかも知れないと、後悔しています。

やっと日本でも、一市民が声を上げられる時が来たと思います。

映画を観て、勉強して、チカラを合わせて・・・。

自分にできることから始めましょう。


 −根本 聡子 公式サイト

----------------------------------------------------


あの日以来、いろんなこと考えた。
様々な立場になって考えてみた。
 
でもこれ以上考えるには、わたしは無知すぎる・・・のだ。
 
知ること。関心を抱くこと。
それがまずは必要だとおもった。
 
そのひとつのCHANCEに
この映画を持ってきてくれて、
 
規子、グリーングリーンのみなさん、
 
ありがとうございます。


 −八木 桂子 (南魚沼市)

----------------------------------------------------


気が付いたら、起承転結の「転」から始まっていました。

何かを責めたり、何かを選ぶには
わたしはまだ何も、知らないのです。

だから今のわたしには、
悪いと思うものをつまみ出してゆくことしか出来ません。

一緒に暮らしてゆく人たちと、この映画を一緒に観て
一緒に考えたい。そしてこれからは
いいと思うものを選んで生きてゆけるようになれたらと思います。


 −Mog/tgm (南魚沼市) 公式サイト

----------------------------------------------------


2011 3.11

一生忘れない出来事と
世界中の人たちの意識の変化。


便利な生活の裏に見えなかった原子力のこと
処分できない危ないものを作り続けていることによる危険性や
それにからまる大きな利権としがらみ。

たくさんの
僕のような普通の人が気がついちゃったんじゃないかな。

このままじゃ
いけないんだって。

鎌仲ひとみさんの映画は
これからを考えるヒントがたくさん詰まっています。

今が
時代の大きな転換期。

まだ始まったばかりです
一緒に考えアクションを起こしましょう。


 −たつまき堂 店主/音楽家 猪俣雄大 (長岡市)
                         
公式サイト

----------------------------------------------------------


かつて澄んでいた空気、大地から湧きあがる水、山河が
いつの間にか 便利さや、個人や会社の利益・お金と引き換えに
気がつくと、もう後戻りできないまでにそれらを失ってしまっていました。

美しい自然が今も残る祝島の近くに
原子力発電所の建設が計画されました。

村民の方がおっしゃっています

「人間が作ったものに、絶対事故がないなどということはない。
 もし、チェルノブイリのようなことがあったら、祝島が全滅だ」

今回の震災で、
この方のおっしゃる通りだったということを私たちは知りました。

祝島に住む皆さんのお顔の素敵なこと!

島民の皆さんがご自分の故郷を心から愛していらっしゃることが
この映画から伝わってきます。

この映画を撮り続けられた鎌仲ひとみ監督に
心から尊敬の念をおぼえます。

この映画は、反原発を超えた
人間として生きる原点に出会える映画ではないかと思います。

皆さん「ミツバチの羽音と地球の回転」をご覧になってみませんか。

ご覧になって、改めてただ生きるのでなく、
より良く生きる力をご自分の心の中に湧きあ上がらせませんか。

環境先進国スエーデンの現状も紹介されています。
目からウロコのお話です。

私たちにもやれることが少し見えてくるのではないかと思います。



        ― 花工房 (魚沼市) 公式サイト

-------------------------------------------------------

応援してます。がんばってください。


        ― おおだいら みえこ(小千谷市)

--------------------------------------------------------

今回の福島原発事故はとても不幸な出来事でした。
これをきっかけに、日本の人々がより良い方向へ
頑張って行けるようにと願っています。


        ― 星野 邦子(魚沼市)

--------------------------------------------------------

この映画は、「子孫に、この美しい自然を手渡したい。」
という願いに希望を与えてくれます。


        ― 大久保 とみ(南魚沼市)

--------------------------------------------------------

原子力発電所は古くて新しい事。
一人の百歩より、百人の一歩です。


        ― 高野 俊治 (魚沼市)

--------------------------------------------------------

チェルノブイリ以降、原子力について疑問がいっそう大きくなりました。
人類は自分の手に負えないものを持ってしまったと強く感じます。
何とかしなければ、とみんなが思っているときなので、この映画が
今後の私たちの生き方、暮らし方について真剣に考えるきっかけに
なるといいなあ、と思います。
たくさんの方が見てくださいますように。


        ― コスモス (南魚沼市)

--------------------------------------------------------

魚沼の地に来て、早4年。

とてつもなく病んでいた私の心を癒してくれた、魚沼の自然。

そして、素敵な方々との出会いもあり、元気になりました。

大震災を機に、自然がもたらすエネルギーを今まで以上に感じ、
自然界と人間との共存を考えました。


この映画を是非見たいと思いました。

活動を応援したいと思います。


        ― Taku (南魚沼市)


--------------------------------------------------------


大切なものはすぐそばにあること、
ひとりひとり自分の手でえらぶものなんだと気づきました。
それを守るために、もう少しだけ遠くに手をのばしてみます。


        ― miel (南魚沼市) 公式サイト


--------------------------------------------------------

この映画はできた時から見たいと思っていました。
原子力というものは、人間の力で制御できないものなので、
こういうものを使うことはいけないことだと思い続けていました。
人間の探究心がこんなものを作り出してしまいました。

でも、それを使わないという選択ができるのが人間だと思います。
今、これだけの犠牲を払ってやっと多くの人がこのことに
気がついてくれて本当によかったと思っています。

 


        ― 黒岩秩子 (南魚沼市) 公式サイト

--------------------------------------------------------




ただいま グリグリサポーター募集中です!

詳細は こちら へ。









スポンサーサイト

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday


about us

new entries

categories

archives

links


さようなら原発1000万人アクション



SAVE CHILD



子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク



内部被ばくを考える市民研究会



いのちを守るお母さん全国ネットワーク



チェルノブイリへのかけはし



映画「六ヶ所村ラプソディー」



映画「ヒバクシャ世界の終わりに」



祝島自然エネルギー100%プロジェクト



全国のリアルタイム放射線量マップ

 

search

mobile

qrcode
--------------------------



自主上映会 in 魚沼

「ミツバチの羽音と地球の回転」
----
無事終了いたしました!
---


↑ フライヤーダウンロード



↑ 公式ホームページ


↑ 予告動画

上映スケジュール
チケットのご案内
会場へのアクセス
託児ルームご予約
お問合せ
プレイガイド

● フライヤー設置場所
● 当サイト紹介ブログ
● ブログパーツ

メッセージ from...