スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday

ミツバチ上映会レポート・試写会編

●ひとり試写会編


「ミツバチの羽音と地球の回転」は制作会社のグループ現代より
借り受けたDVDによる上映会です。

上映には、DVDデッキとプロジェクターとスピーカーが必要です。

どれも会場の文化会館さんにご用意いただきました。


G現代からは
「当日使用される機材で、
事前の全編再生をおすすめします」

 
と、書かれた「重要」マーク入りのプリントがことあるごとに
添付されてきます。

こちらも、かなりドキドキしてくるくらい、再三送られてくるのです。


そこで、試写会を8/17にグリグリメンバーで行いました。

メンバーは当日スタッフとして働くため上映が見れません。
なのでこの日は、試写会プラスメンバーのための上映会となりました。

試写会は問題なく終了、その後当日の流れと役割分担を確認して解散。






ここまではよかったのですが・・・

なんとこのあと文化会館から、試写会で使用したプロジェクターが事情によりやむなく使えなくなりました、プロジェクターを変更させてください。との連絡が。ぶちぶち文句を言いながらやむを得ず、翌日ひとり試写会・・・。

そしてまた翌日、またまた文化会館からプロジェクターを変更させてくださいとの連絡。「えーっ、もう勘弁してください!!!」と悲鳴をあげてしまいました。もうこの日は上映会前日、こちらも事前準備でアップアップしていたので、試写会で2時間半近くの時間を取られるのはもう無理、という状況。仕方なく会館スタッフに試写をお願いして、あとから駆けつけました。後半1時間程度をチェック。試写中のホールに入ってすぐ気がついたのですが、色が変なのです。色が出ていない。明るすぎる。会館のスタッフの方に尋ねると、これまでの試写会で使用したプロジェクターより精度がよく光量が6000ルーメンとのこと。全く緑が緑じゃない、白っぽかったので、色調整をお願いしました。明度や彩度などいろいろ操作していただき納得のいく色が出るまで調整しました。このとき、試写をしていなかったら、お客様に最良の映像をご覧いただけなかったと思うと、本当に試写してよかったとつくづく思います。当日、昼の回の上映中にいらした監督も、まず映像を見させてと仰って、色味をチェックされました。それで前日の色調整のことなどお話したのですが、これなら大丈夫とOKをもらえたのでホッとしました。これから上映をされるみなさまも、ぜひぜひ事前試写をおススメします!!


試写会を3回もやる羽目になり、うち2回はひとり試写会。このことは今回の上映準備で最もハラハラドキドキクタクタになった出来事でした。でも、そのおかげでよい色に調整でき結果オーライでホッとしたのでありました。






スポンサーサイト

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday


about us

new entries

categories

archives

links


さようなら原発1000万人アクション



SAVE CHILD



子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク



内部被ばくを考える市民研究会



いのちを守るお母さん全国ネットワーク



チェルノブイリへのかけはし



映画「六ヶ所村ラプソディー」



映画「ヒバクシャ世界の終わりに」



祝島自然エネルギー100%プロジェクト



全国のリアルタイム放射線量マップ

 

search

mobile

qrcode
--------------------------



自主上映会 in 魚沼

「ミツバチの羽音と地球の回転」
----
無事終了いたしました!
---


↑ フライヤーダウンロード



↑ 公式ホームページ


↑ 予告動画

上映スケジュール
チケットのご案内
会場へのアクセス
託児ルームご予約
お問合せ
プレイガイド

● フライヤー設置場所
● 当サイト紹介ブログ
● ブログパーツ

メッセージ from...