スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday

100.000年後の安全

映画『100,000年後の安全』

フィンランド オルキルオト島 オンカロ

オンカロの耐用年数は10万年

人類史上、最も恒久的な建物となる

(その10分の1の1万年すら、持ちこたえた建造物はない)




オンカロは世界初の

原発から出される高レベル放射性廃棄物の処分場

2020年に操業開始予定

その完成をわたしたちは見届けることが出来ない

それは、22世紀の人類に託される


映画『100,000年後の安全』


高レベル放射性廃棄物、核のゴミはすでに世界で25万トン

その最終処分は、今のところまだどの国でも実施されていない

オンカロが操業したとして 処分できるのはごくわずか

第2のオンカロはモンゴル?

この地球に核の埋葬場所はあといくつ必要?



放射能レベルが生物に無害になるまでに 最低10万年を要する

10万年前、わたしたちはネアンデルタール人でした

この百年に世界大戦が2度、核戦争も経験した 自然災害は常に想定外

6万年後には氷河期が来て人類も含めすべてが消滅するとか


映画『100,000年後の安全』


オンカロは廃棄物の埋葬を終えたら

2100年代に操業を停止し、入り口を分厚いコンクリートで蓋をし、埋め戻す

まるで何もなかったかのように存在を消す



予測不可能な100.000年後の世界に情報を伝達するより

消えてしまうのです





映画「10.000年後の安全

十日町シネマパラダイスにて

明日7/15が最後の上映です



ノンフィクションです





スポンサーサイト

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday


about us

new entries

categories

archives

links


さようなら原発1000万人アクション



SAVE CHILD



子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク



内部被ばくを考える市民研究会



いのちを守るお母さん全国ネットワーク



チェルノブイリへのかけはし



映画「六ヶ所村ラプソディー」



映画「ヒバクシャ世界の終わりに」



祝島自然エネルギー100%プロジェクト



全国のリアルタイム放射線量マップ

 

search

mobile

qrcode
--------------------------



自主上映会 in 魚沼

「ミツバチの羽音と地球の回転」
----
無事終了いたしました!
---


↑ フライヤーダウンロード



↑ 公式ホームページ


↑ 予告動画

上映スケジュール
チケットのご案内
会場へのアクセス
託児ルームご予約
お問合せ
プレイガイド

● フライヤー設置場所
● 当サイト紹介ブログ
● ブログパーツ

メッセージ from...