スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • 2013.07.17 Wednesday

参議院選挙2013

「日本を取り戻す」と安倍首相は言っています

わたしも「日本を取り戻したい」


このひとの言葉は心に響きます

立ち上がってくれて「ありがとう」と言いたいです

三宅洋平さんを応援します



ご報告

ご報告が遅れましたが、

2011年8月20日に開催させていただいた
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会の収益金11万円を
使わせていただきましたのでご報告させていただきます。

収益金の使途を決められないまま、
あの上映会からすでに1年半もの月日が経過してしまいました。

ようやく、お越しくださったみな様の思いを繋ぐべく
その使途を決め、下記のように寄付させていただきました。


ありがとうございました。



■「原発」新潟県民投票を実現させるべく活動していた「みんなで決める会」に、
その活動費として2万円を寄付させていただきました。


新潟県民の思いのこめられた6万8353筆の署名によって開催された
新潟県議会 臨時会における「原発新潟県民投票条例案」の採決は、
修正案・原案ともいずれも反対多数で「否決」となりました。

残念な結果ではありますが、
この思いは次のアクションへの原動力となることでしょう。

持続可能な未来の実現を切に願います。




■「桃柿育英会・東日本震災遺児育英資金」に9万円を寄付させていただきました。


安藤忠雄さんが実行委員長を務めるこの会は、
東日本大震災によって、両親や兄弟姉妹たち、祖父母を突然失った、
多くの孤児や遺児たちの成長を見守り、
教育を受け学ぶ意欲を支えていきたいという趣旨のもと
活動している任意団体です。

その趣旨と誠実な活動内容に賛同し寄付をさせていただきました。


あの日から、もうすぐ2年が経過しようとしています。
彼らの悲しみが昇華され、真の笑顔がもどることを願っています。



グリーングリーン代表 山本規子








9.19「さようなら原発1000万人アクション」6万人参加!

9.19「さようなら原発1000万人アクション」6万人参加!








新潟県が学校給食食材の放射性物質検査体制を発表!

新潟県は学校等給食用食材の放射性物質検査体制を発表しました。



魚沼市や、市の教育委員会、県の教育委員会から学校まで
あちこち電話して右往左往してる間に、

泉田さん、考えて下さっていたんですね。

ありがとうございます。

久々の、うれしいニュースでした。


実際、どのように機能していくのか しっかり見守っていきたいと思います。


以下、県発表の報道資料を転記::::::::::::::::::::::::::::::::::::

1 内容

新潟県では、放射性物質から子どもの健康を守るため、食品検査用の機器を購入し、 検査を実施します。

2 検査の実施について

・検査機器を7台購入し、学校等の給食用食材について検査を実施する。
・検査対象は、過去に出荷制限を受けた品目及び同地域において生産された他の品 目を中心とする。
・給食に使用する予定日の前日までに検査を実施する。
・購入機器及び設置場所については、現在調整中。









つながりたい

先日の学校給食の記事をご覧になって、ご連絡を下さった方がおふたり

そして、こんなサイトを発見!! 新潟にもありました

子どもたちを放射能から守る会@新潟



何らかの形でつながっていけると思います







そして魚沼の気になるニュース

除去した汚泥からセシウム検出 南魚沼市










水産物の検査結果続々と

厚労省9月13日公表、茨城県 水産物の放射性物質検査結果(NDが少ない)

福島県水産物結果、シロメバル2200bq/kg・ヒラメ1610bq/kg・スズキ670bq/kgなど基準値越え6品、その他も100bq越え多数(9月14日公表)

グリーンピース第6回目放射線調査・全てのサンプルから放射性物質を検出(9月15日公表)

【地図】放射能汚染地域マップ
←放射能汚染のことを中心に情報が集約されている参考になるサイトです

東都生協商品の残留放射能自主検査結果
東都生協(コープ)では、安心・安全な商品をお届けしていくため、東都生協が所有する残留放射能測定器で取扱商品の残留放射能自主検査を行い、検査結果について、組合員の皆さまに情報提供をしています。


東都生協さんすばらしい!!
しかも国の暫定基準値500ベクレル/kgに対して検出下界2ベクレル/kg!!!


消費者は安心を買いたいのです。

徹底的な検査なくして消費の拡大はあり得ません。






鎌仲監督がやって来る!

9月14日、鎌仲ひとみ監督が、

長岡アジア映画祭での「ミツバチの羽音と地球の回転」上映後の
トークにいらっしゃいます。

8/20の魚沼での上映会に続き、
ここ新潟に監督が来てくださるのはとてもうれしいことですね。


魚沼での上映会でも監督のトークが
とてもよかったという感想を多くいただきました。


まだお聞きでない方、もっと聞きたいという方、ぜひぜひ
足をお運びください。



「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会​in長岡市

【日時】 2011年 9月 14日 (水曜日)
【場所】 長岡市千秋3-1356-6 (地図)
【会場】 長岡リリックホールシアター/長岡市千秋​3-1356-6
【プログラム】 開場13:00/上映13:20  ※上映後、鎌仲監督トークあり
【参加費】1000円
【主催】市民映画館をつくる会
【問合せ先】菅野/0258-3​3-1231
        /tsukuruk​ai●lds5.com ●を@にしてください




安全な学校給食

先日まで急ピッチにサイト更新をしておりましたが、

ここ数日手が止まりました。


ネット上で原発問題、被ばくのことなど、調べまくり、

様々な情報を入手するうちにどんどん苦しくなりました。

精神的に放射能に侵されたようです。


事実と 現実の社会生活との乖離。

知らないひとたち、知ろうとしないひとたち、

伝えたい、伝えなければ、

聞いてもらえるだろうか、聞いてはもらえないだろう、、、




【驚愕】元東電社員の内部告発 書き起こし

全国100カ所に市民測定所をつくろう!署名活動

【原発】 電話で聞いてみました 各社の牛乳産地と放射能検査の現状

「学校給食の放射能測定を」 横浜の父母が行政に要望

東京都江東区の請願書は暫定基準に悩む親に勇気をくれる

食品関連のもろもろのニュースは「SAVE CHILD」のこちらから


横浜、埼玉、東京、多くのご父兄の方たちが
こどもの学校給食の安全を守るため立ち上がっています。

魚沼、そして南魚沼で、学校給食を心配している親御さんはいらっしゃいますか?



9月2日金曜日、魚沼市教育委員会学校教育室宛に
「魚沼市学校給食に関するお願い・意見書」を
メールにて送付させていただきました。

趣旨は、魚沼市のこどもたちを学校給食による放射能汚染から守るため、
給食業務にかかわる方たちに原発事故に関する現状認識を深め、
被ばくによる健康被害の正しい知識を持っていただきたい。
そのうえで、魚沼市としての給食による内部被ばく0を目指すべく対策を練り
それを市民に知らしめ、実践にあたってほしいというものです。


9月6日、大平市長のお名前で只今検討中であるというご返信をいただきました。



このときは事前の教育委員会とのお電話で、認識の甘さを感じたので
現状認識や知識を持って職務に当たってほしいということに重点を
置き意見書をまとめてしまいましたが
いまは、そんなことはもう当たり前で、早く対策を!!という思いです。

日本中で広まっている給食に関する運動を参考にし、
きちんとした要望書の作成をしなければとこの10日間位考えているのですが
自身の科学的知識の不足、ひとりで事に当たっている精神的疲労等で
なかなか進みません。





魚沼市の学校給食に関して憂慮されている方、
ご自身も声を上げたいという方や
すでに何らかの行動を起こされている方、いらっしゃいましたら
ぜひ、お声を聞かせてください。


E-mail :  こちら  まで








こどもの年間許容被ばく量20ミリシーベルトの脅威!

政府(文科省)が 設定したこどもの年間許容被ばく量20ミリシーベルトの脅威!

避難するかどうかも、食の安全も、
すべては政府の出した基準により判断されています。


でもその基準値が信用ならないということを知っていますか?


依然、リンクしたニュース記事ですが再アップします。

ノーベル賞受賞医師団体「日本政府が設定した子供の許容被曝量高すぎる」






グリーングリーンでは埼玉県の公立中学校の理科教師川根眞也先生が 立ち上げた

内部被ばくを考える市民研究会」を応援します!

↑こちらのサイトもぜひご覧ください。





子どもたち内部被曝ゼロ緊急院内集会!

「ミツバチの羽音と地球の回転」の自主上映会を終えて2週間

グリグリ通信では、同様の自主上映会を企画される方の
お役にたてればという思いで上映会レポートを報告させていただきました。


今後は「被ばくからこどもたちを守る」という観点で
情報発信をしていきたいと思います。





そして、同じ思いのお母さんたちのネットワークを見つけました。

いのちを守るお母さん全国ネットワーク」です

8月26日に
「安全なお米を給食に」 〜目指せ、子どもたち内部被曝ゼロ緊急院内集会!
 を開催された様子がUSTREAMで配信されていますのでアップします。

http://www.ustream.tv/recorded/16878593 

3時間という長さですが必見の動画です。

新潟県のみなさんは、にいがたは大丈夫と思っていらっしゃると思います。

でも食の問題はもはや全国レベルの問題です。


農林水産省は8月3日、
今年の新米の放射性物質検査を収穫前と後の2段階で行うことを発表しました。
それによると、500ベクレル/kg以上の米に対しては廃棄処分し、
それ以内のお米であれば流通させるとしています。

それに対して、ドイツ放射線防護協会から日本への提言では
「1kgあたり4 ベクレル以上のセシウム137 を含む飲食物を与え
ないよう推奨されるべきである」としています。


500ベクレル/kgと4ベクレル/kg、この違いは一体何なのでしょう・・・?


新潟県の新米の放射性物質検査の検出限界値は20ベクレル/kg

それ以下だと「検出されず」で報告されます。


でも、20ベクレル/kgって、4ベクレル/kgの5倍です・・・









1/5 >>

about us

new entries

categories

archives

links


さようなら原発1000万人アクション



SAVE CHILD



子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク



内部被ばくを考える市民研究会



いのちを守るお母さん全国ネットワーク



チェルノブイリへのかけはし



映画「六ヶ所村ラプソディー」



映画「ヒバクシャ世界の終わりに」



祝島自然エネルギー100%プロジェクト



全国のリアルタイム放射線量マップ

 

search

mobile

qrcode
--------------------------



自主上映会 in 魚沼

「ミツバチの羽音と地球の回転」
----
無事終了いたしました!
---


↑ フライヤーダウンロード



↑ 公式ホームページ


↑ 予告動画

上映スケジュール
チケットのご案内
会場へのアクセス
託児ルームご予約
お問合せ
プレイガイド

● フライヤー設置場所
● 当サイト紹介ブログ
● ブログパーツ

メッセージ from...